大阪・大正区の多目的スペース 気功・太極拳教室 カルチャースペース元氣!

csgenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

8月の気功・太極拳教室の予定日

気功教室
8月 火曜日 7:15pm~8:45pm   5・19・26日
    水曜日 2:00pm~3:30pm   6・20・27日
    金曜日10:00am~11:30am  1・8・22・29日
8月も足指回し、足のケアを続けていき、
スロームーヴでからだをほぐしていきます。
気功法は健身気功易筋経をお伝えします。
スロームーヴでからだを緩めてから、易筋経でからだを引き締めていきます。
緩めて、締めて、汗をかく。いいパターンです。

太極拳教室
8月 火曜日 2:00pm~3:45pm 5・19・26日
前半は、からだほぐし(気功)、そして24式太極拳、32式太極剣と続きます。
太極拳はじっくり鍛えられます。足腰がしっかりとしてきます。
こちらもじっとりと汗をかきます。

夏は積極的に汗をかくのが一番の健康法です。
気功・太極拳で健康的な汗を流しましょう。
タオルも持参下さい。

気功も太極拳も体験1回無料でできます。
気になる方は是非体験してください。
体験希望者はメールをください。
よろしくお願い致します。
[PR]

by CultureSpaceGENKI | 2008-07-31 20:53 | 気功教室のご案内
2008年 07月 17日

スロームーヴ・4

今日は「スロームーヴ」の「ふる」を説明します。
どこを振るかと言いますと、手・腕です。
立った基本姿勢から、両手を一緒に前後ろにブランコのようにふるのです。
中国語で「スワイショウ」と言います。
前後だけでなく、左右、交互、ねじりといろいろなやり方があります。
どこの気功教室でも、簡単で効果があるで教えています。
手ぶら運動とか、振り子とも言われます。
力を抜いて、腕を前後にぶらぶらとふるだけです。
2・3回では効きません。5分はしてください。2・30分してもかまいません。
日本人特有の肩こりは、「ふる(スワイショウ)」をすると良くなります。
肩こりだけではありません。背中のこり、腰痛、呼吸器系・循環器系の内臓にいいです。
いいと言うのは症状がラクになることです。予防にもなります。また、脳を休めます。
こんな簡単なことで、効くのかと思われると思います。
続けていると、必ず効果が出てきます。
昨日のレッスンでもいろいろな「ふる」を30分かけてやりました。お蔭で肩が軽いです。
簡単な動作ですが文面だけでは、コツが伝わりません。
肩こりの方は、一度体験に来て下さい。お伝えします。
[PR]

by culturespacegenki | 2008-07-17 20:32 | スロームーヴ
2008年 07月 11日

スロームーヴとは3

気功の基本動作のゆする・ふる・回す・伸ばすを「スロームーヴ」と名づけました。
なぜ、スロームーヴと名づけたかと言いますと、
今でも、気功をあまり知らない人に気功のイメージがはっきりとしません。
一般の方には、気功は治療・人を飛ばすとか、太極拳のような?ものぐらいのイメージです。
どれも正解ですが、私達が伝えたい気功のイメージが出来ていないのです。
人はイメージ出来ないものを取り入れ様とはしません。(よほど興味を引かれないと)

気功の特徴はゆっくりとした動きだと思います。気功の動きを早くしたら気功になりません。
また、他の運動をゆっくりしても気功にはなりません。
ゆっくりとした動きを英語で表現すると「スロームーヴ」になりました。
今は英語が普通に日本語として、使われますし、スロー(slow)・ゆっくり、ムーヴ(move)動きで、
気功の一番の特徴のゆっくりとした動きがなんとなくイメージ出来るのでは、と思っています。
[PR]

by CultureSpaceGENKI | 2008-07-11 16:19 | スロームーヴ
2008年 07月 10日

スロームーヴとは2

「スロームーヴ」は「ゆする・ふる・回す・伸ばす」の気功の基本動作と言いましたが、
今日は「ゆする(ゆすり)」を説明します。
「ゆする」動作はいろいろな気功法にあり、霊元功や回春功にも入っています。
「ゆする(ゆすり)」の基本形はラクに立った姿勢から膝・太ももを使い小刻みに全身をゆすります。
一定のリズムを保ち、疲れない運動量で、5分、10分と続けます。
5分間続けられないようでしたら、動きが大きすぎます。
ラクにラクにゆすってください。
5分ゆすったら、そのまま立って自分のからだを感じてください。
自分のからだがどんな感じかを味わってください。
する前と比べると変化がありますか、ありませんか・・・・
変化や感覚があっても、なくてもいいですから、自分を感じることをしてください。
「ゆすり」は血行がすぐに良くなるので、手や足にジンジンした感じがでてきます。
そのジンジンやピリピリを感じるのです。
今の自分を感じることは、自分を大事にしている行為です。
気功は自分を大事にする行為です。
[PR]

by CultureSpaceGENKI | 2008-07-10 17:50 | スロームーヴ
2008年 07月 09日

スロームーヴとは

気功にはたくさんのやり方があります。気功の体操のことを気功法といいます。
気功法も500も1000もあるといわれます。なんせ4000年の歴史ですから。
たくさんの気功法の中にも共通点があります。
動作の共通点は「ゆする・ふる・回す・伸ばす」があります。
どの動作も疲れたときに自然と出てくる動きです。
私の教室では前半に「ゆする・ふる・回す・伸ばす」を使ってからだをほぐします。
このほぐす動作のことを「スロームーヴ」と呼んでいます。
「スロームーヴ」は気功の基本動作です。
この基本動作だけを憶えても充分気功になります。
難しい気功法より、こちらのほうが効果があると思います。
特に初心者にはそう思います。
「スロームーヴ」でからだをほぐして、整えて、からだのメンテナンスが出来ます。

気功をする方には2種類います。
気功が大好きで、どんどん気功法を覚えてる方、つまり気功マニアになる方と、
何かからだにいいことをやりたいが難しいのは覚える気になれない方。
「スロームーヴ」は後者の方にぴったりです。
また、世の中の大半の人は後者に当たります。
「スロームーヴ」が世に広まれば、からだ的にも精神的にもラクになる方が増えるだろうなぁ~
と思います。
これから「スロームーヴ」の考えも少しずつ書いていきます。
[PR]

by CultureSpaceGENKI | 2008-07-09 22:10 | スロームーヴ