大阪・大正区の多目的スペース 気功・太極拳教室 カルチャースペース元氣!

csgenki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 12日

新月への願い2

「新月への願い」とは新月の日に紙に願い事を書くだけです。
書き方を説明します。
・新月が始まってから8時間以内に願い事を書く
今月の新月は14日(日)の午前11時52分で、この時間から8時間以内がより効果があります。
もし、無理でしたら2日以内に書いてください。

・願い事は手書きで書く
どんな紙でもいいです。コピー用紙でも、ノートでも、チラシの裏でも。

・願い事は毎月2件以上、最大10件まで書ける

・願い事を書いたら、日付と名前を入れて保存します
書いたら毎度見る必要もありませんが、捨てないで保存してください。
次の新月の時に叶っているかどうかチェックしたり、同じお願いを書いてもいいので、参考にしたりします。

・自分の願い事を書く
基本的に他人への願いは、たとえ親子や夫婦のような近い存在でもは叶いません。
動機が純粋なものでも同様です。
どうしても他の人の為に書きたい時は、その人の為に自分が力になりたいことを書くことができます。
例えば
「〇〇さんの病気が良くなるようなサポートが出来る私でありたい」
「息子の受験に協力できる私でありたい」など。
ただし、その人も同じ思いでないと叶いません。
上記の例では〇〇さんが治ることを望んでいない、息子が受験を望んでいない場合は叶いません。

・願い事は1文に1つにする
1つにたくさんの願いを入れないようにします。
例えば、「肩こりと腰痛が治り、健康になって北アルプスの登って満天の星空を見てみたい」。
上記の願いの場合は①「肩こりが治りたい」②「腰痛がなくなるように」
③「健康になって北アルプスに登って満天の星空を見てみたい」と3つに分けてください。

どうですか、簡単でしょ。
こんなことで自分の心が整理され、何をしたらいいのか、何を望んでいるのかがハッキリしてきます。
書く力は強力です。

毎月の気功のスケジュールに新月の時間を書いていますので、チェックしてください。
一番大事なことは「やってみる」ことです。

by CultureSpaceGENKI | 2010-02-12 16:36 | 新月への願い


<< 3月の気功・太極拳の日程      新月への願い 1 >>